熱海七湯 大湯(熱海市指定文化財)


古来からの間歇泉で世界的にも有名な自噴泉。昼夜6回激しい勢いで噴出するため、地面が揺れるようであったと言われていました。途中何度か止まってしまい昭和37年に整備され、市の文化財として保存されています。
現在は人工により4分ごとに3分間噴湯させて、昔の面影をしのばせています。
(噴湯時間 8:00~19:00)

施設の詳細情報

名称熱海七湯 大湯(熱海市指定文化財)
所在地熱海市上宿町440-3及び7
電話番号生涯学習課(文化施設室)TEL:0557-86-6232
問合せ先生涯学習課(文化施設室) TEL:0557-86-6232
利用料金無料
収容台数駐車場無し
交通湯~遊~バス:バス停「大湯間歇泉」下車徒歩1分(湯前神社入口前)