池田満寿夫記念館


池田満寿夫記念館は、油絵、版画、小説、映画、陶芸、書など芸術のあらゆる分野で活躍したマルチアーティストの池田満寿夫さんが亡くなって10年後の2007年に開館しました。
1982年12月、熱海に移り住んだ満寿夫さんは、1986年12月、新たに取り組み始めた作陶の場として下多賀に工房を構え、満寿夫の「満」と佐藤陽子さんの「陽」をとって『満陽工房』と名付けました。その後、【芸術は私有するものではなく多くの人たちと共有するもの】という持論から作品展示場を増築しました。
『池田満寿夫記念館』として開館しているのは、この作品展示場部分で、版画、書、陶、ブロンズなどを展示しています。

施設の詳細情報

名称池田満寿夫記念館
所在地〒413-0102 静岡県熱海市下多賀1130-1
電話番号0557-68-3258  0557-86-6232(文化施設室)
業務時間(利用時間)9:00~16:30
休業日開館日 土・日・月曜日及び祝日
関連ホームページhttp://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=633
利用料金大人510円、高・中学生300円 
収容台数駐車場 有り