重要文化財 旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」


実業家 日向利兵衛の別荘の離れとして1936年竣工。
太平洋を望む熱海市春日町の断崖上に位置する。日向氏の死後、民間企業の保養所として利用され2004年11月 熱海市の所有となり、翌年秋から一般公開。 2006年7月 地下室が重要文化財の指定を受ける。
木造2階建母屋の前庭に擁壁を兼ねた鉄筋コンクリートの人口地盤が造られ、その地下室部分にある細長い空間の離れが「タウト」による設計。
日本に現存する唯一のタウト設計の建築である。

施設の詳細情報

名称重要文化財 旧日向別邸ブルーノ・タウト「熱海の家」
所在地〒413-0005 静岡県熱海市春日町8-37
電話番号0557-81-2747(開館日のみ)0557-86-6232(文化施設室・休館日のみ)
業務時間(利用時間)10:00~16:00
休業日開館日 毎週土・日曜日及び祝日
関連ホームページhttp://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=641
備考見学は定員予約制です。生涯学習課(文化施設室)に電話で予約してください。
保育時間見学時間10:00、11:00、13:00、14:00、15:00
定員(収容人数)各時間 10名
利用料金大人300円 中高生200円
収容台数駐車場は2台しかありませんので、お車でお越しの方は、満車の場合は駅前駐車場をご利用ください.