熱海市の概要



熱海市の沿革

熱海市は、天与の温泉と海山の景観美、住む人々のおもてなしと市政発展への弛みない努力によって発展の道を歩んでまいりました。その沿革は、明治22年(1889)熱海村が、伊豆山村、泉村、初島村を合併して、新しい熱海村となり、上多賀村と下多賀村は合併して多賀村となりました。明治24年(1891)に熱海村は熱海町となり、昭和12年4月10日多賀村と合併して熱海市が誕生しました。さらに、昭和32年網代町と合併して現在に至っています。

熱海市の概要

 


方 位  地名  経緯度
極 東  初島  東経 139°10'
極 西  和田山  東経 139°01'
極 南  下多賀字湯ヶ洞  北緯  35°01'
極 北  泉字奥の沢  北緯  35°09'
 市庁所在地
 (熱海市中央町1番1号)
 東経 139°04'
 北緯  35°05' 

熱海市の面積

総 面 積      61.61Km2
広 ぼ う  東西  7.52Km
 南北 13.90Km

熱海市の人口

  17,926人
  21,537人
合 計   39,463人
  (平成24年4月末日現在)
最新の情報は熱海市統計情報をご覧ください。

熱海市民憲章

わたくしたち熱海市民は、国際観光温泉文化都市の市民である
誇りと自覚をもって、明るく豊かな美しいまちにするために、
この憲章を定めます。


 
1. わたくしたち熱海市民は、自然を愛し、
きれいな美しい環境をつくりましょう。
2. わたくしたち熱海市民は、教養を高め、
文化のまちをつくりましょう。
3. わたくしたち熱海市民は、きまりを守り良い風習を育て、
住みよいまちをつくりましょう。
4. わたくしたち熱海市民は、健康で働き、
子供の幸せを願い、明るい豊かな家庭をつくりましょう。
5. わたくしたち熱海市民は、お互いに助け合い、
親切にし、観光客にあたたかい心で接しましょう。

市の色
市の色
スカイブルー
市の鳥
カモメ
市の花
市の木
アタミザクラ


熱海市歌

名誉市民

  杉本苑子
澤田政廣 杉本苑子  
  (敬称略)

このページ内容のお問い合わせ先

部署名:経営企画部 秘書広報課 広報情報室(広報) 

  • 電話番号:0557-86-6070
  • FAX番号 :0557-86-4865
  • 住  所:〒413-8550 熱海市中央町1-1
  • メール:koho@city.atami.shizuoka.jp