熱中症の簡単な知識と予防対策



熱中症の簡単な知識と予防対策



 熱中症の簡単な知識と予防対策について症状や応急手当をまとめましたので、熱中症を知って、しっかり予防し、楽しい夏を過ごしましょう。


熱中症とは?

 熱中症とは、室温や気温が高い中での作業や運動により、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体がだるい、ひどいときにはけいれんや意識の異常など、様々な症状をおこす病気です。
 家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。


熱中症の分類と対処方法

重症度 症状 対処 医療機関への受診
めまい・立ちくらみ・こむら返り・大量の汗  涼しい場所へ移動
 安静・水分補給
 症状が改善すれば受診の必要なし
頭痛・吐き気・体がだるい・体に力が入らない・集中力や判断力の低下  涼しい場所へ移動
 体を冷やす・安静
 十分な水分と塩分の補給
症状が改善すれば受診の必要なし
口から飲めない場合や症状の改善が見られない場合は受診が必要
意識障害(呼びかけに対し反応がおかしい・会話がおかしいなど)・けいれん・運動障害(普段通りに歩けないなど)  涼しい場所へ移動・安静
 体が熱ければ保冷剤などで冷やす
ためらうことなく救急車(119)を要請


熱中症予防のポイント

・ 部屋の温度をこまめにチェック!
・ (普段過ごす部屋には温度計を置くことをお奨めします)
・ 室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を 上手に使いましょう!
・ のどが渇いたと感じたら必ず水分補給!
・ のどが渇かなくてもこまめに水分補給!
・ 外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!
・ 無理をせず、適度に休憩を!
・ 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを!

このページ内容のお問い合わせ先

部署名:消防本部 消防署