熱海市における放射線量等調査について



 熱海市では、東京電力福島第一原子力発電所の事故以来、市民ならびに訪れる観光客の皆さまに安心していただくため、各種放射線量等の測定を実施してきました。
 現在では原子炉が冷温停止状態となり、新たな放射性物質放出の可能性が低くなったことや、測定値が低い状態で安定していることから、市独自の定期的な測定については、一部を除いて終了することとします。

 なお今後も福島原発の状況を注視し、適切に対応していきます。


市内の放射線量等の測定結果は下記のとおりです。

○大気中の空間放射線量率
○土壌中の放射能測定
○ごみ焼却施設(エコ・プラント姫の沢等)焼却灰等放射能測定(継続)
○上・下水道
○学校・保育園・幼稚園
○海水浴場

大気中の空間放射線量率

 平成23年7月から平成24年3月までは市内12箇所、平成24年4月から9月までは市内4箇所にて、空間放射線量率を測定してきました。
 その結果、測定値が安定していることや、文部科学省が市内にモニタリングポスト(※1)を設置し、平成24年4月より運用を開始していることから、市独自の調査は終了することとしました。 
 今後においても、福島原発の状況やモニタリングポストの数値を見守っていきます。

 
※1 静岡県熱海総合庁舎に放射線モニタリングポストが設置されています。
  測定数値については、下記文部科学省ホームページにて、空間放射線量のリアルタイ
    ム測定結果が10分ごとに更新され、公開されています。

 
・放射線モニタリング情報(文部科学省)
http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/

▲平成24年度熱海市内の空間放射線量率簡易測定結果
▲平成23年度熱海市内の空間放射線量率簡易測定結果

土壌中の放射能測定

 平成23年9月に市内12箇所、平成24年5月に市内4箇所にて、土壌中の放射能濃度を測定しました。

 ▲熱海市内の土壌放射能測定結果

ごみ焼却施設(エコ・プラント姫の沢等)焼却灰等放射能測定(3月25日更新)

 平成23年7月よりエコ・プラント姫の沢の焼却灰等に含まれる放射能濃度について検査を実施しています。また、平成23年9月に初島清掃工場の焼却灰に含まれる放射能濃度を測定しました。

▲平成24年度焼却灰等放射能測定結果(3月25日更新) ※ 最新
▲平成23年度焼却灰等放射能測定結果

上・下水道

上水道水中の放射能濃度
 平成23年6月から8月の間に泉浄水場、6月に宮川浄水場にて上水道水中の放射能濃度を測定しました。

▲水道新着情報(水道温泉課へリンク)
▲平成23年度上水道水放射能測定結果

 
 ・下水道汚泥中の放射能濃度
 平成23年6月に熱海市浄水管理センター、7月から9月の間に初島浄水管理センターの下水道汚泥等の放射能濃度を測定しました。

▲平成23年度下水道汚泥等放射能測定結果

学校・保育園・幼稚園

・市内各小中学校(幼稚園)の空間放射線量率
 子どもたちの安全・安心を確保するとともに保護者の不安を解消するため、平成23年11月に熱海市内の全小中学校、幼稚園でグラウンドと排水溝の空間放射線量率を測定しました。

▲市内各小中学校(幼稚園)の空間放射線量率(学校教育課へリンク)

 
・学校給食等の放射性物質検査
 子どもたちの安全・安心を確保するとともに保護者の不安を解消するため、学校給食等の放射性物質の検査を実施しました。

▲子どもたちの安全・安心(学校給食の放射性物質検査結果)(学校教育課へリンク)
▲保育園の給食・おやつ 放射能測定結果について(健康と子育て支援課へリンク)

海水浴場

このページ内容のお問い合わせ先

部署名:市民生活部 協働環境課 生活環境室 

  • 電話番号:0557-86-6272
  • FAX番号 :0557-86-6276
  • 住  所:〒413-8550 熱海市中央町1-1
  • メール:kankyo@city.atami.shizuoka.jp