防火対象物に係る表示制度



                      
 

概要

 平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災の教訓を踏まえ、消防庁から「防火対象物の表示制度」が構築され、平成26年4月1日から開始されました。
 この制度は、ホテル・旅館等の関係者から申請に基づき、消防機関が審査し、消防法令や建築基準法令に定められた防火安全の基準に適合している場合に、消防機関から交付される表示マークを建物やホームページに掲出できるものです。
 この表示制度により、ホテル・旅館等の利用者に対して、建築物の防火安全に関する情報を提供していきます。
 また、表示制度の対象とならないホテル、旅館等について、関係者からの申請に基づき審査等を行い、防火に関する基準に適合している場合に「表示制度対象外施設防火基準適合通知書」により、防火に関する基準に適合している旨を通知します。
 詳しくは、消防庁ホームページをご覧ください。

表示制度対象物

1 ホテル・旅館等で地階を除く階数が3階以上
2 収容人員が30名以上(防火管理者の選任が必要なもの)

表示マークの種類について

                                      

表示マーク 銀 消防機関による審査の結果、表示基準に適合していると認められる場合(有効期限1年間)
表示マーク 金 3年間継続して表示基準に適合していると認められる場合(有効期限3年間)

申請書類等ダウンロード

表示適合(表示マーク交付)防火対象物一覧

                                                                                                                  平成29年 2月22日現在 

防火対象物名称 所 在 地 交 付 日 表示マーク種別
熱海シーサイドスパ&リゾート 熱海市東海岸町6-53      平成27年  9月14日     銀(継続)
東横イン熱海駅前 熱海市春日町12-4      平成27年12月25日     銀(継続)
- - - -

 

表示マークバーナー

このページ内容のお問い合わせ先

部署名:消防本部 消防総務課 消防予防室