広報取材日記(平成28年3月)



ワカメ

広報担当者が取材した内容を掲載しています。
写真は、多賀わかめ祭りのワカメです。(3月5日撮影)

坪さんゆかりの土地と図書館を知ろう!講座&ウォークラリー 坪さんを探せ!

【取材日】平成28年3月23日(水)【取材場所】起雲閣、海蔵寺、双柿舎

3月23日、「坪さんゆかりの土地と図書館を知ろう!講座&ウォークラリー 坪さんを探せ!」が開催されました。

このイベントは、熱海市立図書館の創立100周年を記念したもので、市内の小学生およそ100人が参加しました。
講座では、「坪さん」こと坪内逍遙と図書館の関係についての話や紙芝居などがあり、参加した子どもたちは真剣な眼差しで聞き入っていました。

その後のウォークラリーでは、坪内逍遙の墓がある海蔵寺(かいぞうじ)と、彼の別荘であった双柿舎(そうししゃ)を巡り、それぞれの場所に隠されている図書館キャラクター「坪さん」を探しました。
最初は難なく坪さんを発見できていた子どもたちも、最後の難問には悪戦苦闘。双柿舎の出口付近でやっと発見できたときには、「あった!」という元気な声が響きました。

総合福祉センター浴室リニューアルオープン

【取材日】平成28年3月7日(月)【取材場所】総合福祉センター1階浴室

市役所に隣接する総合福祉センターに、60歳以上の市民の皆さんなら誰でも無料で入浴できる「お風呂」があるのをご存知ですか?
実は、熱海ならではの「温泉」で1日約100人、年間で延べ2万人強の利用者がいらっしゃいます。
昭和54年に竣工されたこのお風呂の大規模修繕が行われ、本日(3月7日)リニューアルオープンしました。
浴槽や洗い場のタイルが張り替えられたほか、脱衣所の棚も大きくきれいになり、ドライヤーも新たに設置されました。

熱海市は県下で高齢化率が高く、一人暮らしの高齢者が多いといった状況にあります。今回のリニューアルは、快適な浴室に改修し高齢者の皆さんが利用しやすくなることで、閉じこもりを予防しようという方策の一つです。
リニューアルオープンに先立ち、齊藤市長は「無料で温泉に入れるといった施設は、熱海ならではだと思う。ぜひ、高齢者の皆さんが外出する目的の一つにしてほしい」と挨拶をしました。

けっこう見せます!熱海で起業ぶっちゃけツアー

【取材日】平成28年3月6日(日)【取材場所】熱海芸妓見番歌舞練場

3月5日・6日の2日間、「けっこう見せます!熱海で起業ぶっちゃけツアー」が開催されました。

このツアーは、熱海市内での起業を考えている人を対象に商工会議所が企画したものです。
1日目は市内の見学や交流会などを行い、2日目には、芸妓見番を会場に、既に起業した3人によるトークセッションのほか、参加者によるプレゼン大会を開催しました。

参加者の中から11人がやりたい事業についてのプレゼンテーションを行い、他の参加者が自由にコメントをすることで、活発な情報交換がなされました。
コメントの中には「今まで誰もやってこなかったことには理由があるのでは」「初期費用は?」などの鋭い指摘だけでなく、「農家の人が知り合いにいるので、協力してもらえないか聞いてみます」「畑あります」などの、人脈で事業をサポートするものもありました。

参加者の皆さんは、それぞれ新しいことに気付いたり、違う可能性を発見したりと、とても実りあるツアーになったようです。
このツアーから新たな事業が誕生する日が、今から楽しみですね。

このページ内容のお問い合わせ先

部署名:経営企画部 秘書広報課 広報情報室(広報) 

  • 電話番号:0557-86-6070
  • FAX番号 :0557-86-4865
  • 住  所:〒413-8550 熱海市中央町1-1
  • メール:koho@city.atami.shizuoka.jp