臨時福祉給付金(経済対策分)のお知らせ



レッドカクニンジャ

臨時福祉給付金(経済対策分)について、お知らせいたします。

http://www.2kyufu.jp/rinji29/index.html(厚生労働省HP)

☆ 申請書の送付について

臨時福祉給付金(経済対策分)は、消費税率の引き上げによる低所得者への影響を緩和するため、対象者に支給するものです。

熱海市では、下記の給付対象者と思われる人の住民登録地へ、平成29年3月3日より順次、申請書を送付いたします。


臨時福祉給付金(経済対策分)の給付対象者
※次の1、2のすべてに当てはまる人

1.基準日(平成28年1月1日)に熱海市に住民登録がある人
2.平成28年度分市民税(均等割)が課税されていない人



次のいずれかに当てはまる人は、給付の対象外となります。

1.市民税が課税されている人
2.市民税が課税されている人の扶養親族
3.生活保護制度内で対応される被保護者等
4.支給決定前に亡くなられた人



お手元に申請書が届いた人は、臨時福祉給付金が支給される可能性が高いので、申請書を忘れずに提出してください。(平成28年1月1日以降、熱海市から市外へ転出された給付対象と思われる人へは、転出先へ郵送させていただきます。なお、転出先から転出されていると届かない場合があります。)


※ 次のいずれかに当てはまる人は、熱海市の給付金担当窓口までお問い合わせください。

1.ご自身が給付対象と思われるにもかかわらず申請書が届かない人
2.現在、住民登録先と違うところに住んでいる人(海外に転出された人も含みます)

 

☆ 申請方法・窓口について

窓口又は郵送で、申請を受付いたします。

申請には、下記の書類提出が必要になります。

1.臨時福祉給付金(経済対策分)申請書
(高齢者向け給付金の申請書、障害・遺族基礎年金受給者向け給付金の申請書や、昨年度以前の臨時福祉給付金申請書は使えませんのでご注意ください)
2.本人確認書類(住民基本台帳カード、運転免許証、健康保険証、旅券等の写し)
3.口座確認書類(金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードの写し)


※ これまでに熱海市より臨時福祉給付金を支給されている人で以前と同じ振込先口座を希望される場合、口座確認書類の提出は必要ありません。


○申請期間・・・平成29年3月8日(水)~平成29年6月16日(金) 郵送の場合、当日消印有効です。

○申請窓口・・・熱海市臨時福祉給付金担当(福祉事務所内)


また、次の期日に出張窓口を設けます。
・南熱海支所・・・平成29年3月15日(水)、3月22日(水)
・泉支所・・・平成28年3月17日(金)
※ 開設時間はいずれも午前9時~午後4時



○給付金の受取方法・・申請された指定口座に入金されます。
窓口支給を希望した人は、身分証明書、印鑑を持参し、指定した期間内に窓口まで取りに来ていただきます。

☆ 申請後の流れについて

申請書を受付し、およそ2~4週間後に「支給決定通知書」もしくは「不支給決定通知書」のいずれかを送付させていただきます。
支給決定通知書には、振込先口座、振込予定日等が記載されています。

☆ 振込詐欺等にご注意ください

振込め詐欺等防止 ご注意!(厚生労働省HP)
http://www.2kyufu.jp/akuyou.html

問い合わせ先

臨時福祉給付金窓口 0557-82-6381

※ 下記の問い合わせ先とは異なりますので、ご注意ください。

このページ内容のお問い合わせ先

部署名:健康福祉部 社会福祉課 生活保護室